JaSTINからのお知らせ

JaSTINの運営するWebサイトの更新お知らせです。

Time Flowで任意のカードをまとめて「デッキ」として表示するようにしてみました。

先日新しく作ったインスタントにニュースをまとめるサイトTime Flowでは、「カード」では入力をシンプルにするために、時系列やリスト、順番などの1つずつのコンテンツは

「1ラベル + 1タイトル(+追記)」

を徹底しています。

 

しかしながら、やっぱり話題によっては複数のカードをまとめて見るほうが理解につながりやすいことも事実ですので、そのような機能を追加することにしました(機能と言って良いほど大掛かりなものではありませんが)。

 

で、せっかくデザインを「カード」タイプにしているので、複数のカードをまとめるkとから「デッキ」という呼称にしました。

 

 

試しに2016年の各政党の公開している政治資金収支報告書をまとめてみました。

f:id:jastinlog:20171231120512p:plain

timeflow.work

 

この機能で例えば複数の時系列リストを1つにまとめて全体の歴史を表示する、なんてことも出来ようと思います。

新しくTime Flowというサイトを作りました。

気になったニュースをまとめるために、「それからどうなった❓」を作成したのですが、

それからどうなった❓ : 過去のニュースをまとめています。

どうしても詳しくまとめることを心がけると、1本の記事を作成するにも時間もかかり、そんな中でも新しいニュースはどんどん流れて行ってしまい・・・。

そのため、日刊ニュースという形で試しに日々のニュースをクリップして掲載したりもしていたのですが、それらもまとまりが無いため余り意味を成さないと気付き、他に何か手は無いかと考えた結果、新しくインスタントに記事をまとめる専用のサイト、「Time Flow」を作成しました。

timeflow.work

とにかく徹底的にシンプルにまとめるために、ニュースを

  • 時系列
  • リスト
  • 順番(ランキング)

に集約することにしました。

デザインもあれこれ後から迷うのが多いので、こちらも徹底的にシンプルにして、「カード」タイプを選択しました。並べられたカードを開いて展開するイメージです。

f:id:jastinlog:20171226003956p:plain

 

日々の気になったニュースはTime Flowに、1本しっかり記事としてまとめたいニュースについてはそれからどうなった❓に投稿していこうと思います。

 

f:id:jastinlog:20171226003717p:plain

 

パラダイス文書に掲載の日本の企業に違法性は無かったと最終結論?

パラダイス文書の調査報道に関わった共同通信の記者さんが特集記事をアップされています。

 

this.kiji.is

それによると、

だが、資料から分かるのは一部の情報だ。実際に何が行われていたか突き止めるのは、結局は記者の基本である「脚で稼ぐ」取材だ。国際税務の専門家に会って見解を尋ね、業界の事情通を見つけて話を聞き、最後は当事者に質問をぶつけた。

 結局、パラダイス文書に登場した日本企業について、違法行為を見いだすことはできなかった。

とのことで、日本企業に違法性は無かったと。

タックス・ヘイブンを利用すること自体は違法でも無いし、きちんと納税してさえいれば問題はありませんので、もうこの件で騒がれることは無いのかもしれません。

 

そう言えばこんな記事も上がっていました。

www.itmedia.co.jp

ハッキングによる違法に入手したデータ(こういった情報を売り込もうとする輩もいるそうです)なので信憑性も不明であるのも問題であると。

 

これを買って読むべきかな。

 

 

毎日の気になったニュースをまとめるようにしました。

毎日の気になったニュースをピックアップしてまとめるようにしました。

その後でさらに注目したニュースを改めて一つの記事にまとめるようにしています。

ニュース : それからどうなった❓

パナマ文書について日本国財当局の調査結果を「パナマ文書とは何か?」に追記しました。

まだ一部かもしれませんが、日本国内のパナマ文書についての調査報告がありましたので、その点を追記しました。

 

history.jastin.net